クリスマスは何日?クリスマスイブはいつ?あなたは、分かります?

「おいおい!・・・今さら何を」
って、言われますよね。
一般には
「クリスマスといえば12月25日、クリスマスイブは12月24日」
と言われてます。
そして、クリスマスの夜といえば12月25日の夜でクリスマスイブとは、
クリスマスの前日と思っていません?
実は、 要注意です!

スポンサードリンク

 

 

クリスマス・イブとは?

クリスマスイブというのは前日ではなく、クリスマスの前の晩という意味で、
クリスマスイブのイブは、「evening」と同義で、夕方、晩という意味です。

そして本来は、クリスマスイブというのはクリスマス前夜、ということではなく、
クリスマスの晩という意味です。

もはや、クリスマスイブはクリスマス当日

ややこしくてスミマセン m(_ _”m)

もう少し詳しく言えば

これは、文化の違いと言うか風習から来ています。

ユダヤ暦や当時の人達は、日没をもって日付の変り目としていました。

現在1日の始まりは、午前0時から始まりますが、当時の1日の始まりは日没からです。

そして、24日の晩というのは、クリスマスが始まり、25日の日没に終わる事になります。

クリスマスイブはクリスマスの中に入っています。

クリスマスの夜は、24日の晩からで、25日の夜ではなく、25日の晩には終わっている事になります。

日本で12月24日の日没は17:00頃ですから、日没後が12月24日の晩(evening)がクリスマス・イブになりますね。

そして、25日の17:00頃までがクリスマスで、お祝いをする事になります。

そして25日の夜は、もうクリスマスではない事になります。

日本のクリスマスイブ、クリスマス

日本ではクリスチャンを除き、今や季節のイベントとなっています。

細かく言えば、日本は神道、仏教の国ですからね。

そして、午前0時を1日の始まりとして生活しているので、
24日はクリスマスイブ
25日がクリスマス
と思われても仕方のないことですね。

クリスマスケーキ

日本では、スポンジケーキにデコレーションをしたクリスマスケーキを
クリスマスイブの夜に食べますが、これは、どうやら企業の販売戦略らしいですね。
バレンタインも同じですね。

この辺は日本人らいいと言うか、何と言うかです。

欧米では、パイや七面鳥を感謝しながら食べるようです。

日本のクリスマスはいつから?

日本では室町時代に、フランシスコ・ザビエルがクリスマスのお祝いをされてます。

商業的には明治時代から広がった模様ですよ。

そして、キリスト生誕を祝う事よりサンタクロースがプレゼントを運んでくる
楽しい日というイメージ
があったようです。

当時の百貨店の年末のバーゲンセールなどで賑わったとの事です。

まとめ

日本では24日がクリスマスイブ、25日がクリスマスとされてます。
実は24日の夕方がクリスマスイブ、それから25日の夕方までがクリスマス

ですが、明治のころから広まった日本のクリスマスです。

日本ではイベント、季節の風物詩的な捉え方をしてます。
キリスト教の方々からすれば、異論やご意見があるかと思いますが、もはや日本の文化風習にもなってます。
これはこれで、良しとしてもいいんじゃないでしょうか?

ただ、本来の意味などを知ってもらう事も必要かなって思っております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です