中学生のお年玉っていくらなのか,2018相場は?

いよいよやってくるお正月
中学生の子供に渡すお年玉はいくら位がいいのか
お悩みのあなた。
お気持ち察し致します。
自分の家の家計の事も気になりつつ、そうは言っても
お正月ですから。
中学生と言うと、小学校を卒業した1年生卒業を
目の前にし、高校受験前の3年生
と中学生とは言え
大変な時期です。
そんな中学生の子供らに渡すお年玉の相場を
調べてみました。

スポンサードリンク

 

中学生は学年問わず統一?

色々調べてみると、

5,000円

と言う金額が多く見られます。

また、その理由も様々ですが、一つに
小学生ではなく、つまり、子供子供したはいない
でも、大人にはまだ遠い。

「3,000円では子供過ぎる」

けど

「10,000円は多いだろう」

と言うのがその理由のようです。

私が中学の頃、いくらもらったかは、
・・・・・・大昔過ぎて思い出せません。

そんな辺りで、5,000円と言う数字が多いみたい。

実際に中学生のお小遣いが、3,000円と言う方も
多いように見受けられます。

やはり、お小遣いよりは「上の金額と
言う事でも、いいのでは?

ネットで見るお年玉の公式

ネットで調べてみると、あちらこちらで書かれているのが
こちらの、お年玉の公式です。

年齢×500円
(年齢÷2)×1000円

↑2つは結局のところ同じですよね。

他には

学齢×1000円

どういう事かと言えば

中学1年→小学7年生 7×1000円=7000円
中学2年→小学8年生 8×1000円=8000円
中学3年→小学9年生 9×1000円=9000円

ただ、この場合は7000円、8000円はいいとしても
9000円は「9」→「苦」と捉えられるので
避けた方がいいでしょう。

それで、

10,000円?

・・・やり過ぎなような感じの金額ですね。

ここは、最初の公式に沿った金額が良いように
感じるのは私だけ?でしょうか。

お年玉渡す前にちょっと待って!

実は、中学1年生と、3年生では、ちょっと
気を付けてもらった方がいい点がありますからね。

例えば1年生の子供に、
「入学祝いを渡していなかった」
なんて事もあるやもしれませんね。
どうです?
特に入学祝いを渡すのが決まりじゃなですが、
もし、これを機会に入学祝いをわたすとなれば
増額する事も、考えてみてもいいかも。

中学校の入学祝い金っていくらなのか?

3,000~5,000円

高いところで

10,000円~20,000円

※世の中全部がこうだと言うつもりではないです。
調べた範囲での数字ですよ。

※渡す相手の関係にもよるので決まった額はないです。
渡す相手が友人・知人、甥っ子・姪っ子、孫などで
違いがあります。

(友人知人)   (孫)
低い ←・・・・・・・・→ 高い

お年玉にプラスした旨を伝えて渡すなど
工夫をして渡すなんてのも方法の一つかと。

また、中学3年生の場合、卒業もあり高校進学も
あるので、その辺の事も考えてもいいのかも。

中学校の卒業祝い金はいくら?

これは、

5,000円

と言うのが良さそうですね。

やはり、中学生のお小遣いよりは多くってとこみたいです。

まとめ

お正月につきもののお年玉です。
まとめてみると

・中学生のお年玉の相場は5000円。多くても1万円以内
・年齢×500円
・学齢×1000円
・中学校入学、卒業の事も考慮する?

後は、親戚間で金額の事を話をしておく事で
色々と問題にならなくていいと思いますよ。

いずれにしても、良い年を迎えてもらうために
気持ちよくお年玉を渡しましょうよ。

頑張ってぇ~お父さん! (^▽^)/

お年玉とは? お年玉の由来 いつから始まった?

大学生にもお年玉をあげるのか?相場はいくら?

高校生のお年玉の相場っていくらだ?

小学生のお年玉の相場は、いくら?どう決めるのか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です