お正月飾りは、いつからいつまで飾る?その処分の方法は?

毎年の事ではあるんですが、年末は何かと忙しくなりますね。
・クリスマスの準備やその後の片付け
・大掃除(特にお父さんには換気扇等の大仕事が待ってたり?)
・年越しの準備、買い物のお付き合い失礼!お供。
・場合によっては年末ギリギリに年賀状書いたり
と年越しの準備など、年初めの準備、用意は最後になっていません?。
でもね、
お正月は年神様やご先祖様が我が家にやってくると言われる、それはそれは大事な日ですよ。
正月飾りをして、新年を迎え、家庭に幸せを届けてくれる年神様に来て頂く、そして、
この新しい年がよい年であるようにお願いをしましょう。
その為の準備、飾りについてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

お正月飾りに必要なモノ

門松、しめ縄、鏡餅

なぜ門松なのか

「目印、標識や道標(?)」
これは貴方の家への目印、標識、道標です。
「神様、私のところはお迎え出来る準備が出来ていますよぉ~!!」
と教える為のモノです。

どんな神様かと言うと農作物の豊作や家内安全を司る神様で、ご先祖様も含まれます。

門松と言われるように通りの門に松を飾ります。
この門松の「松」は元々一年中緑で枯れない事から神様が宿るとされてます。
門松に使う「竹」は生命の象徴、真っすぐ伸び成長する事からです。
さらに「梅」は一年の始まりを意味し、紅白で添えます。

マンションやアパート住まいの方は門松の絵を貼るのでも良いですし、松だけでも
いいとの事。

なぜしめ縄なのか

「神様の領域を示すもの、結界」

このしめ縄にも色々な言われがあります。
・神様を迎えられる清浄な場所だということを示すため
・不浄なモノ厄災などが入れない場所
・豊作祈願
などなどです。
いずれにしても、玄関、神棚やお札を貼ってある所には吊るしましょう。
飾る向きですが、地域などにより差があるかと思いますが、一般には太い方が右側に飾ります。

なぜ鏡餅なのか

「神様へのお供え物」

神様への最高のお供え物とされる鏡もちは、
昨年の豊作に感謝し、今年の豊作を祈るという意味があります。

本来床の間や神棚に飾りますが、ない場合は家族が集まる居間などに飾りましょう。

鏡には神様が宿ると言われ、神事には欠かす事の出来ない道具として使われて来た為に
神様の居場所として、鏡の代わりに姿形がよく似た鏡餅を用いるようになったとも言われてます。

お正月飾りの飾り方やいつからいつまで飾ればいい?

門松、しめ縄の飾り方やいつからいつまでか

門松、しめ縄の飾り方

門松は基本的には、門前や玄関の左右対称に飾る事。

いつからいつまで?

12月28日~1月7日まで
これは、基本的には年神様がいらっしゃる1月7日の松の内まで飾ります。
ただし、地域により色々あります、1月15日まで飾るところもあるので
心配なら、地域の年配の方に聞いてみるといいですね。
※注意!
29日と31日に飾るのは避けてね!
29日は「二重苦」「苦(9)が待つ(末)」など縁起が良くないとされてます。
31日では「一夜飾り」となり神様に「大変失礼!!」とされてます。
このような事から、28日まで飾る事が出来なかった場合は、30日に飾るのがいいですね。
クリスマスが終わったら、門松やしめ縄の準備をしておくといいのでは?
正月はいつまで?知ってるようで、知らない5つの話

鏡餅の飾り方やいつからいつまでか

鏡餅の飾り方

鏡餅は床の間あるいは居間に飾る 。
床の間が無い場合は、居間でもいいいんですよ。
これは、神様へのお供え物で、年神様だけのものではないからです。
各自の部屋へ置いてもOK!

いつからいつまで?

12月28日(又は13日)~1月11日
特に28日は末広がりの「8(八)」が付いている事から特に縁起がよいとされてますので、この日を選ぶ方も多いです。
鏡餅は1月11日の鏡開きに下げ、家族全員でその餅を食べましょう。

 

お正月飾りの処分の仕方は?

各地で毎年小正月1月15日の小正月に神社などで行われる「どんど焼き」「左義長」「お炊き上げ」などで
お正月の飾りを焼きます。


そして、どんど焼きの火に当たるという事は、その年は健康でいられると言われてます。
地域行事に参加する事にもなり、ご近所様や仲間と会うきっかけにもなりますしね。

近所で神社などない!行けなかったよ!の場合

お正月飾りは年神様をお迎えする神聖なものなんで、粗末に扱わない事です。
では、どうすれば?

自分で処理する場合

大き目な紙に塩を左右真中に振り清めてから、その紙に包んで貴方の地域の自治体の処分方法に沿って処分して下さい。
ただ、他のゴミとは別にそれだけで処分ですよ。

自宅で焼却する場合

庭などで焼却する時は、その場所をお神酒と塩で清めてから焼却して下さい。

まとめ

色々書きましたが、気分を改めて新年を迎え、良い年になるよう神様を迎える気持ちが
一番大事ですし、最後までこの気持ちを忘れないようにしましょうよ。
良い年になりますように!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です