ストレスで辛く眠れない時に、音楽で睡眠効果を上げる為の3つの心構え

あなたは、仕事や職場の人間関係などのストレスで、「なんか寝にくい」なんて感じていませんか?
「深い眠りに早くつきたい」そんなあなたに、音楽の聴き方で睡眠の質を上げる方法をお伝えします。

スポンサードリンク

1.眠りに邪魔なものを無くす

音楽や曲が聞きやすくする為、音楽や曲に集中しやすくする為の環境を作る。
・カーテンをする
・明るい場所なら、アイマスクをする
・回りの音が気になるのなら、イヤフォン、ヘッドフォンを使う

などなど。

ただ、音楽や曲に集中できれば、多少の冷蔵庫、エアコンの音や回り音も気にならなくなります。

2.体、姿勢をリラックスさせる

全身の力が抜きやすい姿勢、環境を整える事も大事です。立っているより、座っていた方が体も休まりますよね。

自分の部屋なら、ベッドや布団に横になり力を抜いて体から力を抜きましょう。
それで、心身を眠りにつく状態に近づけていくことができますよ。

タイプ別音楽の聴き方

ストレスが多い不眠タイプ

数回聞くだけ、効果がある場合があります。

「ストレスがたまっている」「イライラするぅ~!」などのあなたは、興奮要素、興奮状態を抑えるように「落ち着ける音楽や曲」聴いてみましょう。

ネガティブ思考の不眠タイプ

毎日繰り返し行いましょう。

「仕事が気になる」「将来が不安」「なんかモヤモヤスッキリしない」などのあなたは、頭の中、心の緊張を緩める効果が現れるまでに時間が掛ります。
だから、気長に毎日繰り返し聴き続けましょう。

3.何を聴くといい?

興奮状態になるような音楽、曲、そして音量は避けた方が眠りにつきやすいです。
また、場合によっては、ドラムやビートを感じない、クラシック、環境音楽などの方が、頭や心が休まる事だってあるでしょう。

音楽の効果は、あなたが今までに、聴いてきた音楽などで効果に影響があります。

どういう事かと言えば、特定の音楽しか聴かない人の中には、その音楽以外は聞く事が苦痛になるようでは、全く効果がありません。
例えば「クラシックしか聴いたことがない人」が「ロックやJAZZ」を音楽ではないと思っている人には、クラシック以外はダメなモノでしょうね。

逆に、どんな音楽でも先入観や好き嫌いなく聴ける人のほうが効果が出やすく、早く眠りにつきやすいでしょう。

まとめ

眠りにつきやすい音楽は、リズムが安静時の心拍数に近い単調なもの、極端な音程の上下がなくはっきりしないメロディーで、フワっとした優しい音色の方がいいですね。

そして曲の長さは長い方がいいですし、複数の曲が入れ替わる場合には、静かに音が消えていき、ゆっくりと次の曲がスタートする曲を選ぶと眠りにつきやすいです。
音量もあまり大きくなく、幾分静か目がいいですよ。

ストレスで疲れた頭や心を癒して、眠りにつきやすいように、あなたなりの音楽を聴きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です