七五三の時期2017は?数え年?満年齢?

七五三は、主に11月15日
『七五三の日』に神社へお参りやお祝い
をする行事です。

スポンサードリンク

普段は七五三の話をしないんで、
「はていつだっけ?」
なんて事ありますよね。

自分の息子の時も、「数え年?満年齢
?友達の子供は早生まれで
いつだっけ?」など悩みました。

毎年11月51日です。

だけど、
11月15日は「お父さんは仕事があるし
お母さんだってパートなどで都合が
つかない」と言う事が多いと思いはず。

それと
七五三のお祝いの時期って
いつだっけ?

年齢の数え方は?

早生まれの場合って?

では、どうすればいいのか?

七五三の時期

11月15日ではなく、10月の中旬から
11月の上旬頃までの吉日や土日祝祭日
に神社に行ってお祝いする方が
多いです。

いつからいつまでと決まっていません。

大安、友引などの六曜は関係ないとの
事ですが、心配な人はお参りする予定の
神社に問い合わせして見て下さい。

ただし、土日祝祭日が大安だったり
すると神社によっては、多くの貴方と
同じような七五三のお参りの方々で
込み合いますよ。

ご両親や祖母祖父母の都合のいい日に
お参りやお祝いの日程を考えましょう。

七五三を祝う年齢の考え方

七五三は字のごとく、3歳、5歳、7歳
のお祝いです。

そして、
男の子→3歳と5歳
女の子→3歳と7歳

年齢の数え方は、基本数え年です。

数え年とは、生まれた時、お母さんの
お腹から出てきたら1歳と数えます。

今年2017年の場合
【数え年】
7歳 平成23年(2011)生まれ
5歳 平成25年(2013)生まれ
3歳 平成27年(2015)生まれ

【満年齢】
7歳 平成22年(2010)生まれ
5歳 平成24年(2012)生まれ
3歳 平成26年(2014)生まれ

ちなみに本来の意味は

3歳 「髪置きの義」 男の子、女の子
その当時は3歳まで髪は剃っていた
そうで、3歳になると
髪を剃るのが終わります。

5歳 「袴着の義」男の子
男の子は5歳になると袴を着る為

7歳 「帯解きの義」 女の子
女の子は帯を締めるようになる為

江戸時代から始まったと言われている
七五三ですが
子供の成長に合わせてお祝いを
していました。

現在では満年齢で七五三のお祝いを
される方が多いようですが
地域などによって昔からの風習など
もあると思うので、
お参りする神社などに
問い合わせしてみて下さい。

 

早生まれやなど場合はどうなるの?

1月から3月に生まれた早生まれの
場合は「今年?来年?」と
悩むと思います。

数え年の場合は生まれて1歳、
正月を超えると1つ年が増えて
2歳と数えます。

この数え年で七五三のお祝いを
するのかどうかは

4月から10月生まれの子供が
満年齢でお祝いするなら

早生まれ(1月から3月生まれ)の
子供は数え年で

11月12月に生まれた子供は学年に
合わせてお祝いする事が一般的。

満年齢2歳、数え年4歳になります。

日本では明治の時代まで数え年で
計算していました。

その景況で、
七五三のお祝いは数え年、満年齢どちら
でも良いとされていますが、
地域や風習などの事もあります。

ご両親やご両親のご実家の方々の
お考えご意見もあると思います。

皆さんでよくお話をしたり、神社などに
問い合わせしてみたりして

何より
大事なお子さん、お孫さんの成長を
お祝いをする事が大事だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です