お年玉とは? お年玉の由来 いつから始まった?

あなたは、小さい頃、子供の頃って、お正月に
親戚の人達に会うのが、とても楽しみで仕方
なかったんじゃないですか?
お年玉をもらえましたからね
あの子供の頃、お年玉は子供の時にまたとない
収入源でしたからね。
ところが、今はどうですか?
今度は逆にお年玉を上げる立場ですからね。
親戚の子供に会うのに、ちょっと、懐を心配したり
していませんか?
そんな、お正月のお年玉について調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

お年玉の由来は

お年玉は年神様の魂?!

お正月に門松、注連縄(しめなわ)などでお飾りします。

それは、年神様をお迎えする為なんですよね。

その年神様へのお供え物として お餅、鏡餅をお供え
してると思います。

その、年神様へのお供え物の鏡餅を下げて頂く、
年少者へ分けて与えます。

これが、実は、お年玉の始まりとの事。

お年玉の「玉」は「魂」なんですよ!

いやいや。ありがたいもんです。

いつから始まったのか?

江戸時代にはすでに、お年玉は有ったとの事です。

どうやら、それ以前から始まっていたらしいですよ。

お金を上げるのはいつからだったのか?

諸説色々あり、正確なところはわからいようですが、
江戸時代には、お餅以外に品物やお金を
渡していたようです。

その後、お年玉の風習は明治、大正、昭和と続いて
昭和30年代後半の高度経済成長期ごろから、都市部を
中心に お金をお年玉として渡す事が多くなったとの事。

お金を渡すようになったのは意外に歴史的には
新しい風習なんですね。

お年玉を入れる「ポチ袋」の意味は

ポチ袋って何?

関西の方言で「心づけ、祝儀」を意味あり、舞妓などで
与えていた祝儀袋のことらしいです。

また、「ポチ」には「小さな」(これっぽち)という
意味にも使い、「少ないですが」という謙虚な気持ちで
与えたのが始まりなんだそうですよ。

なんとも日本人らしい考えですよね。

ポチ袋の折り方

今は、色とりどりなポチ袋が売られてますが
手作りのポチ袋なんて、いいんじゃないですか?

ちょっと、見て下さい。練習すれば出来そうですよ。

お札の折り方

新年に渡すお年玉、そのお金(お札)の折り方です。

知ってるかもしれませんが、確認の為にご覧ください。

喪中の時のお年玉は?

さぁて、ここで、気になるのが、喪中の家の
子どもさんへの、お年玉です。

喪中(49日)の間はその家の方は喪に伏してます。
祝い事は出来ないし、神社の鳥居もくぐれない
そんな期間ですよね。

世の中が「年末だぁ!、お正月だぁ!」なんて
言っていても、その家は喪中です。

年賀状もお断りしている状況です。

亡くなった方が、お父さんやお母さんなどの
とても近い間柄だったら、悲しんでいるでしょう。

本来だったら、お年玉も無しなんでしょうが、
亡くなった方が、一緒に暮らしていない、
おじいちゃんおばあちゃんだとしたら、
その子供さんの親は悲しんでると思いますが、
その子供さん、亡くなった人からみて孫なら、
親程の悲しみは無いかもしれません。

いずれにしても、お年玉は上げられないです。

でも、代わりに

 

「お小遣い」

「文房具代」

「書籍代」

と書いて、渡す事なら大丈夫ですよ。

まとめ

年神様から頂いた「お年魂」のお餅が現代では
お金に代わってきました。

ただ、その思いは良い年になるよう祈るモノだと
思います。

まぁ、お金は掛かりますが、良い年になるように
投資するつもりで、親戚方のお子さん方に

「はい!お年玉だよぉ~!」

って、上げましょうね!
頑張ってください、お父さん。
(^▽^)/

お年玉の相場など☟
大学生にもお年玉をあげるのか?相場はいくら?

高校生のお年玉の相場っていくらだ?

中学生のお年玉っていくらなのか,相場は?

小学生のお年玉の相場は、いくら?どう決めるのか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です