年賀状の喪中の範囲はどこまで? 喪中となる続柄とは

突然身内の不幸の知らせ。
あって欲しくない事ではあります。
年末の今頃は、年賀状の準備をする時期です。
ただ、年賀状は出してもいいのか?
もらってもいいのか?
どこまでの続柄の時が、喪中のなるのか?
突然の事だから、分からない事が多いと
思いますので、調べて見ました。

スポンサードリンク

喪中になるのはどこまでの親戚?

喪中になるのは、一般的には
2親等以内
とは言われています。
ただ、それ以外はダメか?と言えばそうでもなく
普段から付き合いが濃いなど、2親等などの事
以上の関係で、「とても、新年など祝えない」などの
関係で、3親等で喪中と言う人もいます。

これは、その人とのお付き合いの事ですので
喪に服したいと思えば、喪中になさって下さい。

血縁親等関係

出典:松屋

「0親等」
夫・妻

「1親等」
父母・配偶者の父母・子ども

「2親等」
(自分の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母、孫
(配偶者の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母

「3親等」
(自分の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者、甥、姪
(配偶者の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者

あなたから見て、子、父、母が1親等になります。
そして、結婚してれば、配偶者、義理父母も1親等

兄弟や祖父母、義理祖父母は2親等にあたるので、
もし亡くなられた時は喪中ですよ。

また、甥(おい)、姪(めい)の人が亡くなったら
あなたは、3親等となり、一般的には喪中で
なくても良い事になります。

3親等からは同居していなければ喪中としないケースが多い。

喪中はいつまで?

喪中の期間は、

1親等の場合は1周忌が終わるまで
2親等の場合3ヶ月~6ヶ月位。

ただし、喪が明けたからといって年賀状を出すことは少なく、
2親等の親族が亡くなっても1年間は喪中にする人が多いようですよ。

親しかった親族が亡くなった時などは、喪中にする
場合があるようで、必ず2親等と決まったルールではなく
亡くなった方との、関係が濃いなどによります。

喪中はがきを出す時期は?

喪中はがきは送る時期は、年賀はがきが
発売される11月中旬から12月上旬~中旬位までに
届くようにしましょう。

早ければ早い方がいいというわ訳じゃないですよ。

11月になれば、年賀はがきが発売されて、早い人は
11月中から、多くの人は12月からでしょうが、
「そろそろ年賀状を書かなきゃいけないなぁ」
と、年賀状を書き始めたりします。

ちょうどこの時期に喪中はがきが届くように
すれば、相手の人も、忘れる事はないでしょう。

あんまり早く喪中はがきを送ると、相手の人も
忙しくて忘れてしまうかもしれませんからね。

なので、遅くても12月中旬位でしょう。

喪中はがきはどこまで出す?

普段年賀状のやり取りをしている人などには
全員に出しましょう。友人、同僚、上司、先生などの方々

そして、あなたが喪主の場合は、故人が年賀状を
やりとりしていた方々、友人、知人など。

故人が勤めていた会社の、仕事や取引上の方にも
送る必要があると思いますよ。

亡くなった方のお付き合いがあって、仲の良かった方々に
お知らせする意味もありますから。

まとめ

年末が近づいてくると、忙しくなって
きますから、早めに整理しましょうね。

 【喪中の範囲】
・本人(あなた)からみた2親等までは喪中の範囲
・3親等からは同居していなければ喪中としないケースが多い。
【喪中の期間】
・父母、義父母(12~13ヶ月)
・子ども(3ヶ月~12ヶ月)
・祖父母(3ヶ月~6ヶ月)
・兄弟姉妹(30日~6ヶ月)
・曾祖父母 伯叔父母(喪中としない)
【喪中はがきを出す時期は】
・12月中旬までに届くように。
【喪中はがきを出す範囲は】
・年賀状のやり取りをしている人(友人、同僚、上司など)。

人は生きている間に何度か訪れる事ですので、
相手の方々の為にも、忘れずにお知らせしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です