50代後半になって、なんかつまらない、むなしいと感じる毎日

50代になって家族や家庭の為に頑張って仕事を続けてきて、ふと感じる「なんか・・・つまらな・・・むなしい・・・」
感じてしまう。仕事はそこそこ忙しいし、やる事はあるんだけど、やってもなんか満たされない。
何だろう?仕事もつまらなく感じてきてしまい、仕事を続けていくのも自信が無くなりそう。
子供らの為に、家族の為に、頑張って仕事をしてきたのに、なんにも自分には楽しい事もなくつまらない。
「何でだろう・・・」って、感じてしる人へ。

スポンサードリンク

むなしい、虚しい

「何か物足り無く感じる、なんかむなしい」と思う感じ方にはいくつかの種類があります。

暇だったり、手持ちぶたさで感じる

これは、なぁ~んにもする事もなく、ただそこにいるだけに似たモノですね。仕事をしていても、手が空き、なんにもすることが無い、出来ない時なんかに感じると思います。
こんな時、「なんかこん感じだらから給料も低いんだよなぁ」「まだ、退社まで時間があんなにある・・・」などなど、やりきれない感じでむなしさを覚えたりしませんか?

でも、こんな時は

逆にする事が多く時間に追われていると、なぁ~んにも感じないで、集中して仕事や作業をするんでむなしさを感じる暇もないはずですよね。
それとか、空き時間にゲーム(仕事中はまずいですが)をしたり、何かに熱中出来れば、時間が過ぎればこれもむなしさを感じないで済みます。

飲み会やパーティーの後に感じるむなしさ

気の合う仲間や、好きな人がいる飲み会やパティーなどのイベントの後に、「あぁ~、終わっちゃったぁ・・・」「明日からまた仕事かぁ・・・」など、楽しければ楽しいだけ
なんか寂しいような、虚しさを感じます。これは、楽しい旅行に行き、帰って来た時にも感じますよね。
極端に言えば1年前から計画立てて、旅行に行き、計画を立てた分それはそれは楽しい旅行だったりすれば、翌日から仕事などの現実の世界が待ってますからね。

でも、こんな時は

答えは、また、飲み会やパーティーをすればいいんですよ!また旅行に行けばいいんですよ!!

とは、言っても、お金の事もあるし、他の人はそうは思っていないかもしれませんからね。毎日毎日飲んで過ごす程お金があればいいですし、旅先で生活に困らない収入を
上げられる人なら別ですが、家庭も有り普通に暮らしているオヤジにとっては、夢の話しです。

楽しいかった記憶や思い出は大事にして、次の楽しみに備えてがんばりましょうよ!!

これしかないですね!!!

今の現実、存在がなんかむなしく感じる

仕事も何とかこうとかこなし、そして、家庭も余裕はないものの、取り合えず生活できる位の収入も得ているのに、
「何かむなしい・・・なんか、つまらない・・・」
「人生で今まで一番稼いでいるのに・・・」
「家族に為に働いているのに、なんで自分は物足りなく感じるんだろう・・・」
「車も子供の進学の為に、軽自動車の中古に変え頑張って来た、でも、回りを見ればみんないい車に乗っている・・・」
(これ、私です)
などなど、「何をしても楽しく感じるモノが無い・・・」「何をすれば楽しく感じたり、この虚しさを解消できるのか分からない・・・」と思う事、
これが一番大きいむなしさに感じると思います。「この年まで頑張ってきたのに・・・」って。

こんな時は

汗をかく

散歩でも、ウォーキングでもいいですが、体を動かしましょう。50代になって普段運動をしていないあなたがいきなりジョギングなんてしないように!
逆に体を傷めるかもしれませんから。なんか体を動かして、出来れば汗をかく程の運動をしましょうよ。
多分、スッキリすると思います。そして、出来れば外がお勧めです。体育館やジムでもいいんですが、開放感を感じられる外がいいです。

好きな事に熱中する

映画が好きなら、思う存分映画を見ましょう。一人の時間があれば、自分の好きな音量で見る、サラウンドを掛けてみる、夜ならヘッドフォンで映画に没頭するなどです。
ギターが趣味なら、難しい曲は最初は避けて、簡単な曲から弾き始めるってどうす?指慣らしも必要ですからね。段々と難しい曲に挑戦する。ギターに集中です!
こんな感じで何か集中、熱中出来る事を見つけるのもいいですよ。

ただ、注意ですが、車が好きな人が、欲しい車の事を考えようとカタログを集めたり、youtubeで動画を見たりしている内は楽しいんですが、現実に購入の事を考えると
「お金が無い・・・」「ローンが払えない・・・」と落ち込む事になりますんで、気を付けましょうね!
これ・・・私です。
いやいや、これを目標に仕事頑張るぞ!ってなれば、OKですが。

何か自分が役にたつ

仕事していたり、地域の活動をしていたり、また、普段の生活で他の人の役に立つ事をした時に、「ありがとうございます」って言われたりするとうれしいですよね。
「あぁ、俺ってなんか役にたったんだ」こんな事の一つや二つ、今までの人生であるでしょう。
つまり、自分ではそんな気はなかったけど、人に何かありがたいと思う事を与えたから感謝されたわけです。
自分が満たされればそれはそれで、虚しさやつまらなさを感じないでしょうが、人に与えれモノがあり喜んでもらえる事でも、虚しさやつまらなさを感じる事はないはずです。
特にいい子ぶる必要はないですが、仕事に集中、普段の身の回りに気を配り、何かをすれば、それが、他に人の役に立つ事があります。
ゴミ一つ拾う事だって感謝されるかもしれませんしね。

上手く言えませんが、人に何かを与える事が出来る人間のなれればと思います。自分が必要とされていると感じれば、虚しさ、つまらなさはどこかに行ってしまします。

まとめ。「そもそも人間はむなしさ、つまらなさを感じる?」

もしかしたら、人間はお金がいくら在っても(なってみたいですが)、何かを成し遂げたとしても、どこかつまらなさ、むなしさを感じる生き物なのかもしれないです。

むなしさ、つまらなさにはいくつかの種類があり、それぞれには対処の仕方がありますが、何かい集中、熱中したり、必要とされたりする事で、この虚しさつまらなさを
無くすことが出来ます。
これらを感じない生き方を見つけながら残りの人生を過ごして行きましょうよ!!
あなたに取って何がいいのか?何が合っているのか?それは、あなたにしか見つける事ができないですが、なにか必ずあります。だって今まで、なぁ~んにも楽しい事が
無かったことは無いはずですから。

この記事が少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です