求人票の見方、50代で転職する時の注意6項目

転職を考えるようになると、次に、どこか使ってくれる会社は
あるのか?どんな会社だ?と言う事で、調べ始める事になります。
まず、ハローワークで求人情報を調べようと、見る時に
ハローワークの求人票の見方の注意です。
50代になってからでも、求人はあります。
だけど、ここに落とし穴じゃないけど、注意しないと
行けない点があります。

スポンサードリンク

年齢

この項目は、多くは「年齢不問」とあると思います。
あなたが50代でも、こもの項目は問題ないところが
多いかと思います。

だけど、一応見ておきましょう。

賞与

賞与、つまり、ボーナスですね。
これは、やはろ無いより有った方が当然いいですよね。
だけど、使ってもらえるのかどうか?が分からない時の今は
ここのところはあまり重視しない方がいいと思います。

実際、正社員での就職はかなり50代では期待できない、
期待しない方が良いと思った方がいいでしょう。

私は契約社員で就職しました。

契約社員だと、正社員の約20%位でした。

契約社員だと、会社によって、賞与の規定は様々だと
思って下さいね。

まずは、就職出来る事が最優先ですから。

加入保険等

正社員での求人だと、加入保険は、「雇用」「労災」「健康」「厚生」
「財形」など保障されている事が多いと思います。

これが、正社員以外、契約社員、パート、アルバイトになると
「雇用保険」「労災保険」だけだったりする会社もあるかと思うんで、要注意です。

この辺の事は確認と納得して置かないと、健康保険、厚生年金なんかは
自腹になりますので、賞与が有る無いの事より、月の手取りや
年収に大きく影響しますよ。

だから、「健康保険」「厚生年金」位はあった方がいいですね。

定年制、再雇用

ここが、意外に要注意ですね。

年齢で「不問」と書かれていて、「定年制」で60歳、「再雇用」で65歳なんて
求人が多いと思います。

この文章のままなら、

「年齢は問わないですよ」
「定年は60歳だけど、65歳まで再雇用で働けますよ」

という意味になるんですが、
だったら、50代の私でも、あなたでも

「チャンスがある!」

と、思いがちですが、実際は、定年前の50代の人を募集しようなんて
思っている会社は少ないようです。

上記のように書いてある会社が全て、50代は採用しないとは言えませんが
かなり難しいと思います。

これは、私の住んでいる地方の田舎の為かもしれませんが
注意した方がいいと思います。

募集している会社のHP

求人票の会社のHP(ホームページ)があれば、是非見ておきましょう。
意外なことに、そこの会社のHPの「採用」のページには
ハローワークにだしている条件と違う事があります。

年齢のウソ

私の経験ですが、ハローワークには、特別なことが無ければ年齢の欄には
「年齢=不問」と記入、表示する事になっているようです。

しかし、その会社のHPの「採用」のページには、○○歳までとか
書いてある場合があります。

大体40歳までの所が多いように思います。

50代で採用条件に書いてある会社のHPは見たことがありません。
(都会都市部ではあるのか?地方の田舎では見たことない)

だから、ハローワークの求人票をみたら、その会社のHPを見る事、
後は、ハローワークの担当の人にその会社の過去履歴で
分かる範囲で、どれ位の年齢の人が採用されたか情報収集しましょう。

通勤手当

この項目の見方、注意点ですが、この項目にはピンキリです。
金額の少ない会社は地元の人を欲しがっていると思って下さい。

金額の高い会社は「遠くからでも、採用しますよ」と言う事です。

ただ、

「実費支給 上限あり 月額:50,000円」

こんな条件が書かれてあると、どれだけ遠くからでも
通えそうですよね。

ガソリン代が月に50,000円でもいいのか?
上限はあるけど、50,000円まで出しますって、
凄いですよね。

・よっぽど儲かっている会社?
・よっぽど人が集まらない会社?
・これだけ通勤費を払っても、優秀な人が欲しい!
 (つまり、大したことない人はいらないって事?)

などなど、色々と考えてしまう条件だと思います。

ここで、言いたかった事は、あなたが気になる会社は
地元の人を探しているのか?また、少し位遠くても
人を探しているのかの判断になると思います。

備考

ここの項目も要注意事項ですね。
特に、「欠員募集」「欠員補充」と書かれてあったら、注意して下さいね。
要は、その会社に何か問題があって、社員が辞めたりしているかもしれません。

だから、その会社にあなたが入ったとしたら、何か問題に
当たるかも知れません。

他には、この「欠員募集」「欠員補充」と書かれてある会社に、
応募すると、数日で「面接に来てください」と返事が来るかもしれません。

これって、注意して下さい。

それだけ、問題があり、人がいなくて困っているという事ですからね。
私の経験からですが、あなたが納得できて、なんも問題に感じなければ
いいんですが。

一般には、応募してから1週間とか10日後、通知が来たりします。

それが、資格も特技もない50代のオヤジの応募にすぐに答えてくる会社は
何かあると思った方がいいと、思いますよ。要警戒。

まとめ

ハローワークなど、求人情報には特に50代だとしても
求人があるように感じる事があると思いますが、
実際には、かなり厳しいと覚悟を決めていた方がいいです。

その事を伝えたくて、この記事を書きました。

簡単言えば、求人票の条件は良く見る事、そして、うかつに
信用しない事と言ったらいいのかと思います。

自分で調べ、ハローワークを含め相手の会社の事を調べましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です