58歳59歳で会社を退職したい、でも生活費は?

定年前、58歳59歳で仕事を辞めようと考えたりしてませんか?
事情は色々と、あると思います。
・会社の人間関係
・労働条件と実際の差に苦しんだり
・家の事情(親の面倒など)
だけど、定年前だし、年齢も年齢だから、まだ、子供もいる
そう簡単に仕事を辞めるわけにはいかない事は
分かっていても、辞めたいと思う事ありますよね。
だから、今の内に、まだ会社を辞めないでいる内に
知っておきたい事、考えておきたい事があります。

スポンサードリンク

「生活費はいつまで?」

現在男性と女性の平均寿命は
男性約80歳
女性約85歳
つまり、58歳、60歳定年前だとすると、あなたが平均寿命まで
生きれたとすると、後約20年ですよ。

長いと見るか、短いと見るのかは人それぞれでしょう。

それまで、息を引き取るまで生活するわけです。

「生活する」=「お金」が必要です。

「現在の生活にどれ位掛かっているのか?」

これから先にの事の前に、今はどれだけのお金が
掛かっているのかを知りましょう。

内容は
・食費
・住居費
・水道光熱費
・家具、家事用品費
・被覆、履物
・保険医療費
・交通費、通信費
・教育費
・教養娯楽費
・その他(小遣い、冠婚葬祭費など)

どうですか?

すぐに分からない事かと思うんで
統計局のデータを見てみましょう。

出典:勤労者世帯の年齢階層別収支

「退職後に必要なお金は?」

先程のデータでみると

50~59歳 342,952円 約34万円
60~69歳 277,283円 約28万円

この年代になると、子供らも独立するせいか
教育費が下がっています。

生活の為の支出は、50代から60代での比較では約82%と
約2割弱下がりますが,大きくは下がっていないです。

つまり、今とあまり変わらない費用が掛かる事になります。

「これから、生活するのにいくら必要?」
男性だけの事なら後約22年程だけど、奥さんが仮に今53歳位だと
すると、後約33年位は生活費が必要?

男性が定年後の数字で計算すると

28万×12ヶ月×33年=11,080万円 約1億1千万円?

あなたの奥さんの年齢によって、合計金額は変わる事に
なりますが、これから仕事を続けるとしても、仕事を
変える(退職、転職)にしても、生活費は平均寿命からみると
1億円位は必要となります。

借入金は?

生活費の他に、あなたは借入金とかないですか?
例えば住宅ローンなど・・・これも調べてみました。

出典:知るぽると

これでみると、約3人に1人は60代でも、借入金がある事になってます。

多くは住宅ローンです。

30代で家を建て、30年、35年で住宅ローンを組む人が多いんで
終わるのが60歳代になっています。

また、30代後半で家を建てた場合は70代になっても、家の
住宅ローンを祓う事になるので、対策が必要になりますね。

繰り上げ返済

子供の教育費が掛からないのなら、繰り上げ返済をして、
早めに終わるようにしませんか?

利息だけでも、かなりの節約になるはずですから。

まとめ

会社を辞めるにしても、60歳定年で辞めるにしても
生活は続きます。

その生活費の事、実際にあなたの家庭ではどれ位のお金が
掛かっているのか?を知っておかないと、まずいと思います。

一度、「自分の家では、どれ位の生活費なのか?」
調べておきましょう!!

それから、58歳、59歳、60歳定年で辞めて次の仕事や
次のあなたの進路の事を考えませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です