インフルエンザの予防のグッズや対策と注意 2017~2018

毎年インフルエンザは毎年12月から3月をピーク
全国的に大流行してますね。
どうやってこのインフルエンザに対抗したらいいのか?
その為の対策はどうするのがいいのか調べてみました。

スポンサードリンク

「インフルエンザの話し」

インフルエンザって、そもそも何?

インフルエンザは細菌ではなくてウィルスです。
と言っても、良くわかんないですよね。

【細菌は単細胞生物】
大きさ:ブドウ球菌  約0.8~1.0μm

【ウィルスは微生物】
大きさ:ノロウィルス 約30nm

これだって分からないですよねぇ。

1mmの1/1000が1μm、1μmの1/1000が1nm

つまり、
細菌よりウィルスはとんでもなく小さいです。

イヤな事にインフルエンザはこの小さな

ウィルス

なんですよ。

「んっ?」っと、思うかもしれません。

でも、これってとても重要な事なんですよ!

出典:(株)エヌワン

このインフルエンザウイルスに感染すると
・38℃以上の発熱
・頭痛
・関節痛
・筋肉痛
・全身倦怠感等

などの症状が早く現れる病気なんです。

そして、風邪と同じように
・のどの痛み
・鼻汁
・咳等の症状など

普通の風邪のような症状もあります。

詳しくは厚生労働省
「Q.1: インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?」
参照して見て下さい。

「外に出かける時、通勤等の時に対策」

インフルエンザの時期だからと言っても
会社には行かなきゃダメだし、買い物にも
行く事だって当然ある事ですよね。

でも、インフルエンザが流行っている時は
行った先々で、誰がインフルエンザに掛かって
いるなんて分からない。

だけど、どこかにいるんですね。
困ったことです。

「マスクで防ぐ」

まず最初に思い浮かぶのはマスクだと思いますが
マスクと言っても色々な商品が売られてますね。

色々な種類や価格がありますからね。

選ぶなら、

・不織布(ふしょくふ)マスク
別名:サージカルマスク

このマスクは厚生労働省からも推奨されており、
浮遊している粉じんを捕らえやすいとされてます。

繊維を熱・機械的または化学的に接着または
織らずに絡み合わて作った布の事。

・N95マスク
日本の基準でN95に相当するものはDS2マスク。
主に医療従事者用で、患者を診察する医師や専門の
医療従事者が使ってます。

ただ、このマスクは密度が高く、装着すると
呼吸が苦しくなるので、長期の装着には
向かず、一般の方には不向きなんですって。

「会社に着きました、お店に着きましたと言う時」

まずは、手洗いや消毒でしょうね。

会社やお店のドアやトイレのノブを触る事に
なりますから、そこに付いているかも
しれないウィルスが気になる人は
手洗いや消毒しましょう。

アルコールはインフルエンザウィルスに
対して有効なんですよ。

ただし、手に汚れがある状態でアルコール消毒をしても、
十分な効果を得ることが出来ません。

アルコール消毒をする前に、石鹸で手洗いを
してから手の汚れを落としましょう。

石けんに含まれている界面活性剤で手を
洗うことは、付着しているウイルスを
落としやすくすると働きがあります。

手洗いをしたあとに、速乾性の
アルコール消毒剤を使用します。

【アルコール消毒 置き型】
会社の入り口なんかにこんなの置いてません?

【アルコール消毒 携帯用】
そして、見た目似た感じのモノで
次亜塩素酸ナトリウム消毒液もありますよ。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、
ノロウイルスはもちろん
インフルエンザウイルスにも
効果がありますよ。

食品関係の仕事をしてる人なら、
職場にありません?ありますよね?

「家に帰って来た時」

手洗い、消毒とうがい
外から帰って来た時は、まず手を洗って
消毒しましょうよ。

会社やお店などから、ウィルスを
家に入れないって事です。

その後。うがいですね!

「部屋の対策」

部屋の中の湿度対策として乾燥
している部屋なら加湿しましょうよ。

なぜかと言えば、
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が
低下し、インフルエンザにかかりやすく
なるので。

湿度50~60%がおすすめです。

詳しくは厚生労働省

この中の
Q.9: インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?
4) 適度な湿度の保持
参照して見て下さい。

注意!!

基本は手洗い、消毒、うがいや湿度対策
で、インフルエンザにかからないように
しましょう。

 

注意その1

体調管理
これは、インフルエンザに限った事では
ないですが、寒い時期は特に体調を
崩しやすいので
キチンと食べて
しっかり睡眠をとりストレスを
溜めない事
ですね。

サプリなどを使ってもいいでしょう。

注意その2

インフルエンザの予防で、
空間除菌グッズがあります。

・首から下げるネームプレートの
ようなモノ

・部屋の芳香剤のような感じで
使う置き型のタイプのモノ

これらは二酸化塩素を使ってインフルエンザ
ウィルスを除菌する為に販売されてます。

しかし、

・首から下げるだけ
・置くだけ


これだけで、ウイルスを抑制できる
便利な製品なんですが、消費者庁より

「二酸化塩素を利用した空間除菌を
標ぼうするグッズ販売業者17社に
対する景品表示法に基づく
措置命令について」

で発表され、空間除菌グッズは
景品表示違反法で不当表示の是正や再発
防止を求める措置命令を受けました。

やはり目に見える効果を十分に
発揮できないことから、消費者より

「効果がない!」

と意見があったのでしょう。

こちらからどうぞ→消費者庁

実際のところ、空間除菌グッズを
使っていてもインフルエンザに
感染してしまったご家庭は多いようです。

二酸化塩素自体、実は、かなり優れた成分
なんですが、不安定な物質であり、
二酸化塩素自体すぐに分解されて
しまう成分なので長期間にわたって
使用することができません。

実際二酸化塩素分子自体は持続性が
ないとの事です。

使っていても、しっかり効果を実感
している人が少ないので、
しょうがないかもしれませんね。

ですが、二酸化塩素は持続性は
ないものの、有用な成分で
あることは確か。

空間を除菌する効果は短時間では
あるものの、きちんと実証されています。

大学病院でも「二酸化塩素スプレー」
として使われているほどです。

置き型タイプをお部屋に合ったサイズで
使用し、ボトルのキャップを全開にして
刺激臭を感じるほど二酸化塩素を
放出させれば、短期間は抑制
できるのかもしれませんね。

独立行政法人「国民生活センター」

酸化塩素による除菌をうたった商品 -部屋等で使う据置タイプについて-

まとめ

いろいろと調べてみました。

一番の予防は日々の体調管理と健康管理
かなって事ですね。

そして、インフルエンザの予防接種
受けておいた方がいいと思いますね。

あなたが元で、会社の部下や家族が
インフルエンザにならない為にも
注意しましょうよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です