インフルエンザで同僚が感染した時の対策は?予防は?

会社に行ったら、同僚がインフルエンザにかかっていた!
これからこんな事が、起きたりしますよね。
「ヤバイ!俺昨日一緒に仕事してたけど、俺、大丈夫か?」
なんて、心配にも。
そして、この部屋の中はインフルエンザ・ウィルス大丈夫か?
色々と不安になったり。
そこで、そんな時の為の予防策、対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

他にうつらない為に2次感染予防、対策

インフルエンザに掛かった人には、帰ってもらいます。
それか、すぐ病院やお医者さんへ直行でしょう。

部屋の中には、インフルエンザ・ウィルスがあるかもです。

インフルエンザ潜伏期間

インフルエンザは潜伏期間が、2日~1週間程あるんで、
その人にインフルエンザの症状が出る前に、あなたの
回り、近くにウィルスがすでにあるかもしれませんよ。

職場の対策

うがい

インフルエンザ・ウィルスがドアノブなどに、くっついて
いるかもしれませんよ。

知っているかもですが、うがいの仕方を見て!
※ガラガラ音は出ませんから安心してね。
ナレーションのみ。

手洗いとアルコール消毒

手洗いとアルコール消毒は、昔と違って今は多くの会社で
勧めてますね。

会社の入り口、部屋の入口に置いてませんか?

ボトルに入ったモノ、スプレーのモノなど色々な
種類がありますね。

注意がありますよ。
本来は手を洗ってから、アルコール除菌がベスト!

 

 

他にやっておきたい事は

・出勤時、外出後は必ず、手洗いをしてからアルコール消毒をすること
・みんなで使っている備品、ドアノブなども定期的にアルコール消毒する

マスク

すでに、分かっている事ですが、インフルエンザになった人
そうでない人もマスクはしましょうよ。

まず、せきをした時の、飛散の様子が見れるんで、どうぞ。
結構為になると思いますよ。

2m以上ってところが目安。

そして、マスクと言っても色々あります。

そして、なんでもいいと思わないでね。

インフルエンザ・ウィルスの大きさ知ってる?

出典:(株)エヌワン

これを見て分かるように、非常に小さいんで、マスク選びも
そこんところを考えないと、あまり意味がない。

その中で2つ程紹介しますね。

「不織布(ふしょくふ)マスク」
これが一番売られていると思います。

このマスクは厚生労働省からも推奨されており、
浮遊している粉じんを捕らえやすいとの事。

でね、この不織布というのは、「織っていない布」という意味で、
織らずに絡み合わせたシート状のモノの事。

繊維を熱・機械的または化学的に接着または絡み合わて
作った布なんですね。

「N95マスク」
主に医療従事者用で、患者を診察する医師や専門の
医療従事者が使っているマスク。

マスクの密度が高く、装着すると呼吸が苦しくなるので
長期の装着には向かないので、一般の人には不向きなんですって。

でも、効果有り!

 

 

 

職場の部屋の対策

換気をしましょう!

特にインフルエンザにかかった人がいた部屋は
ずぐに換気!

寒いかもしれませんが、2次感染予防の為に
皆さん協力してもらいましょう。

1時間に1回位ですね。

加湿器を掛ける!

インフルエンザ・ウィルスは湿度が高いと弱るので
是非!加湿器のスイッチ「オン」しましょう。

インフルエンザ・ウィルスって、低温、低湿度が好み?

ある実験では
温度21~24度、湿度20%で6時間後生存率は60%
でも、
同温度で湿度を50%に保つと生存率は3~5%。
そして
温度7~8度、湿度を22~25%で生存率が63%
同温度で湿度を50%以上だと生存率は35~42%
ちなみに
温度を32度、湿度50%で試験をすると6時間後の
ウイルス生存率は0だったという事です。

だから、
夏場にはインフルエンザに掛かる人が少ないんだね。

インフルエンザの人の出勤はいつ?

インフルエンザが治るのには大体1週間程位?
熱が下がってきて、食欲も出てくれば
ほぼ大丈夫なんでしょうね。

だけども、お医者さんに聞いたり上司に聞いて
「出社してもいいよ」
と言われたらにしませんか?

他の人にうつったなんて事にならに為にも。

そして、しばらくはマスクしてた方がいいかも。

自分の為にも、他の人からも見た感じ安心
出来るように思います。

予防接種

早めにインフルエンザにかからない為にも
インフルエンザ予防接種を受けてた方がいいすね。

インフルエンザ2017~2018 予防接種の効果 時期 値段は?

まとめ

・インフルエンザに掛かった当人の帰宅、医者や病院へ直行
・職場の空気の入れ替えの為の換気
・うがい、手洗い、アルコール消毒
・マスクの着用

上記の事ははやりましょう。

後は貴方だけでないですが
インフルエンザだけでないですが、普段から自分の体の
健康に意識した生活を送りましょうよ。

若い頃と違って、50代にもなると、あちらこちらが
弱って来てますから、特に気を付けましょうね。

ちゃんと食べて、キチンと寝る。

寒くなってますから、暖かい服を着る。

とにかく体を大事にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です