歯磨きの手順をイラストで紹介、正しく磨きましょう!

歯を磨くこと。
これは、
・虫歯の予防
・歯周病
・口臭予防
などなど、とても大事な事です。
何となぁ~く磨いていませんか?
せっかく歯みがきするんですから
どうせなら、一度くらいはキチンと
みがき方を勉強しません?
この辺の事を調べてみました。

スポンサードリンク

歯みがき

何気に歯をみがいている方!
ここで、紹介するのは、現役の
歯医者の先生のサイトです。

かなり、参考になりますので、どうぞ。

こちらから⇒Dentalhacker

こちらでは、先生の自筆の
イラストで、歯みがきの事を
説明されています。

 

歯磨き粉選びの基本

歯みがき粉の話しの前に少し。

歯みがき粉の中には色々なモノが
入っています。

虫歯予防にフッ素が有効

口臭予防する為に、歯磨きをしますが、
歯みがきの基本ですが、最近ではフッ素
歯にいいと言う事は知ってますよね?

フッ素は、むし歯の原因菌の働きを
弱めて、歯から溶け出したカルシウムや
リンの再石灰化を促進し、歯の表面を
強化してむし歯になりにくくする
働きがあるんです。

現在売られている歯みがき粉には
大体入っていると思いますが、
口臭予防の為にも、虫歯にならない
為にも、フッ素が入っていると
いいですね。

フッ素を残す為に

【すすぎは1回】
口の中、歯の為にフッ素はいいんですが、
長く残さないと意味がありませんよ。

その為には、歯を磨いた後の口の
すすぎは
・少ない水で1回
・数秒間「ブクブク」したらお終い。
・歯磨き後は1~2時間は飲食をしない。

これらで、フッ素の効果をあげて
もらいたいですね。

研磨剤は、少なめ

研磨剤とは、字のごとくで
研磨=削る
と言う事ですね。

歯を削る?と思うかもしれませんが、
ステインと呼ばれている、
着色汚れを落とすのにはいいです。

【研磨剤のメリット】
・スティン汚れを落とす。

コーヒーやワインで歯が茶色く
なるんですが、これがステイン汚れなんですよ。

この汚れを落としてくれます。

【研磨剤のデメリット】
・エナメル質を傷つける恐れがある。

ただし、勘違いしないでね。

研磨剤は悪者ではないんですからね!

歯みがき粉に使われている研磨剤

歯みがき粉を手にして、裏側の表示の中の
見るべきところは「清掃剤」です。

代表的な研磨剤として入っているモノは
・リン酸水素カルシウム
・リン酸水素ナトリウム
・炭酸カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸

等があります。

合成界面活性剤

洗浄、発泡剤として入っている
モノが、合成界面活性剤で、その名を
「ラウリル硫酸ナトリウム」
といいます。

汚れを落とす=泡立ちがいい

と、思ってません?

どうしても、泡立たないと奇麗に
ならないように思ってるでしょ?

汚れ落ちと奇麗さは関係ないんです。

出来れば、このような石油系の
合成界面活性剤の無いモノが
良いですね。

歯磨きする時の歯磨き粉の量は?

これって、意外に分からない
というか、なんとなぁ~くですよね。

これついては、こちらのサイトを
ご覧になって下さいね。

こちらから⇒歯チャンネル88

まとめ

色々調べてみると、色々な
やり方、考え方があり
「これが正しい!!」
と言うのは、ないように思えます。

ただ、歯磨きは、しっかりやらないと
いけないです。

そのやり方は、色々ですが、目的は
皆同じで、食べ物カスを取り除く事。

これで、虫歯、口臭予防などのために
なる事だけは、分かりました。

これからも、健康な歯を
大事にして行きましょうね。

口臭の原因と対策と予防のまとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です