50代の転職で資格なしのあなたは再就職可能?働き口は?

50代の転職、特に資格なし)は無謀でしょうか?
就職が無理なら、どんな方法があるんだろうか?

スポンサードリンク

一般的には難しいでしょう

特別な資格を持っていて、長年の経験がある職種に応募しても、50代だと
書類選考を通過する事も難しいと思うのが実際でしょうね。

それでも、転職したとしても、給与等のレベルダウンは必至です。
これは無理もないでしょう。入社すれば、そこでは1年生ですから。

ヘッドハンティング(引き抜き)

ただ、ヘッドハンティングされれば給与は、そこそこ保障されると
思います。実際に、ヘッドハンティングされて収入UPの話しは
ありますからね。

起業する?

独立開業も一つの手段ですが、開業資金も必要です。
ただし、余程商才に恵まれた方でないと、数年後は厳しいでしょう。

ですが、フランチャイズなどでの起業もあるので、可能性はあります。

その他は?

万が一、既に退職してしまっているのであれば、職種を決めないとか、
雇用形態にも拘らずに、使ってもらえる仕事を探すのが賢明でしょう。

でも!50代でも仕事はある!!

50代の転職では「仕事が選べない」とか「そもそも仕事がない」というイメージが
ありますが、そんなことはないですよ。

契約社員やアルバイト・パートなど非正規雇用にまでを考えれば、
未経験可での求人も多くありますから。

あなたが仕事に求める優先順位を絞り込んで、今までの経験や仕事に思っている先入観念を
リセットすることが出来れば、仕事の選びの幅は広がります。

雇用形態

今まで正社員で仕事をしてきた、働いて来たあなたにとっては、
正社員以外となると、自分の価値を下げるようなイメージを
持っていませんかね?

30代まで正社員で働いていれば、そう思うのは無理もない事かも
しれませんが、色々な事情があって今の仕事を辞めて、転職したい、
再就職したいとなれば年齢的になハンディがあり、仕事の幅を
広げ、頭を柔らかくして、仕事の事を考えましょう。

正社員

50代での正社員を雇ってくれるところは少ないのが現状ですよね。
求人表では、定年60歳、再雇用65歳なんてのが多いですもんね。

東京などの都会なら、定年65歳なんてのも多いみたいですが、
地方などの田舎の方では、定年は60歳が多く、雇うとしている会社は
若い人が欲しいわけです。

ただ、無いわけではないので、あなたを必要としている会社も
あるかもしれないので、正社員での求人も視野から外さない事です。

契約社員

正社員と言うのは、雇用された時には、雇用期間を決めていませんね。
だから、解雇されたり、自分から退職しない限り、ずっと働くことが出来ます。

そして、契約社員の場合は、最初の雇用契約で決めた期間だけ働いて、
契約期間が終了した時に更新しなけれ契約が終わる。
つまり失職する事になります。

これが、契約社員=「有期雇用契約」。

労働契約法では、契約社員の契約期間は最長で3年間と定められてますが、
高度な専門的知識を持つスペシャリストと60歳以上の場合の契約期間は
最長5年間までとなっています。

準社員、嘱託、非常勤、臨時社員は?

これは、企業や会社によるんですが、これらの就業形態も「契約社員」に入っている事とがあります。

準社員、嘱託、非常勤、臨時社員は、有期雇用契約を結ぶ「契約社員」である場合が多いようなので、
求人情報や雇用契約条件で示された就業形態が、どんな働き方をする事になるのかを、
必ず確認しておくことが必要ですよ。

5年働いたら契約社員も正社員になれるって?

これは間違いられやすいんですが「正社員になれる」って事ではなく、
無期限の契約社員と言う事です。

契約社員だと、働き続けたいのに契約更新ができない場合があります。

会社の業績などで、経費削減などになれば、最初に契約更新しない、終わりって事に
なりかねないですから、契約社員で働くには、一番の不安になるところですね。

2013年に労働契約法が改正されて、契約社員でも契約を更新して5年以上働いた場合、
希望すれば雇用期間を定めない労働契約(無期労働契約)に切り替えられると
いうルールが施行されました。

派遣社員

派遣社員は派遣先企業(会社)ではなくて、人材派遣会社と雇用関係を結びます。
人材派遣会社での社員、派遣社員として働くことです。

派遣先企業(会社)、つまり働くところでは、派遣社員のあなたに指揮、指導、命令
するだけで、派遣社員のあなたの給与、福利厚生、勤怠管理は、人材派遣会社が担当しています。

アルバイト、パート

法律上、アルバイト、パートの区別はないですよ
正社員より1週間の労働時間が短い場合、「短時間労働者」と区別されることはあっても
アルバイトとパートの区別はありません。

雇う会社によって見方が違う場合も

企業、会社や店ごとに決めている場合があります。
ただこれは法律的には問題になることはありません。

アルバイト」は、高校、短大、大学など未婚の学生、「パート」は女性と考えている会社も
あったり、「短期で働く人がアルバイト」、「長期で働く人がパート」と考えている会社もあります。

仕事内容や条件を見て考えましょう

法律上違いのないアルバイトとパートです。
相手先の企業、会社がどういう見方で求人募集しているのか?
アルバイト、パートの名前にとらわれることなく、実際の業務内容や勤務期間、
雇用条件などの具体的な中身を見て、あなたが働く先を選ぶこと。

これが、一番重要ですね。
求人募集をだしている企業や会社では、アルバイトとパートの両方で求人募集している場合、
勤務時間帯や給与、業務内容が細かいところが違っている場合もあるので、
あなたが、どちらがいいと思うのかをよく確認する事です。

資格が無ければ資格を取る

資格らしい資格が無ければ資格を取る事も方法です。

例えば、行政書士、社会労務書士などや、福祉関係、危険物取扱者などなど
場合によっては、退職後に職業訓練学校に入って資格を取るなんて事もできます。

まとめ

50代からの転職で資格がない場合は厳しいですが、資格があっても大変です。

ただし!!

資格がなくても、仕事はあります。
後は、収入面でどれだけあなたの家計に合うかどうか?
足りない場合はすするのか?

転職はあなたひとりの事ではないので、奥さんともよく話をして
再就職先を考えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です