50代の就職先は、この3つの業種なら早く仕事が出来ます。

50代でも求人が多い職業や仕事もあるものです。
世の中に必要とされているのに、人手不足の仕事。
職業や仕事内容によっては、常に人材が足りない業種など
以外にあります。
家族の理解や協力が、50代、中高年の再就職成功の
ポイントになってきます。

スポンサードリンク

医療、福祉関係

私の回りの友人知人などから色々と、現場の話しを聞かせて
もらった事をまとめてみました。

介護職でのメリット

やりがい

入所者や利用者の方々のお世話をするので、人の役に立っていることが
実感できるの事が良いところですね。

入所者や利用者の方々からの、笑顔や「ありがとう」など
感謝の言葉が嬉しいものです。

求人が多い

今や人口の約1/4が高齢者という高齢化社会です。
今後も、まだまだ高齢者の数は増えています。

その為に、どこの施設も人手不足は多く、介護系の求人は多い。

身内が介護状態になった時に役立つ

あなたの身内(親や親族など)が要介護状態になった時、または、そのような
状態になる可能性は十分あります。

その時にも、介護系の仕事をしていると、色々と役に立ちます。

人間としての成長

入所者や利用者は人生の先輩でもあります。
人間として学べることが多いいです。

入所者や利用者の方々の経験や熟成された考え方の話は、
あなたに良い学びの場になると思いますよ。

これは、普通に会社勤めをしていたら経験できません。

お世話をしているつもりが、逆に勉強させてもらう事は多く
他の仕事では経験出来ません。

介護職のデメリット

給料が低い

全般的に、介護職系は給料が低い方だと思います。

給料の事で言えば、資格を取得し、キャリアアップして給料アップを目指す事も必要。

身体的負担

仕事がら、人を抱えるなど、身体への負担は大きいです。

腰を痛める方も、多くいるとの事です。

仕事によっては、夜勤もあるし、生活リズムが狂いがちになります。
ただ、夜勤専門など、夜勤仕事になれば、その分、給料面では上がりますが。

ちょっと一言

介護職系の仕事は、「きつい」「汚い」などと思われているようですが、
こういったイメージは、あなたの考え方次第です。

実際にやってみて自分がどう感じるかにかかっています。

私の友人なども、最初は慣れなかったけど、その内に何ともなくなったと言っています。

つまり、どの仕事もそうですが、慣れれば、全然気にならなくなると言ってます。

警備の仕事

友人からの話しからまとめてみました。

交通誘導系

メリット

頭脳労働ではないので、お客の顔色を見たり気を使う事が苦手、イヤな人などの人には最適です。

デメリット

・最低限の誘導テクニックを修得しておかないと、不意のアクシデントに責任を問われる事もある。
・二人一組体制の場合だと、相手次第で仕事に影響が出る事も。
ただ、これは、どの仕事も同じ。
・時間が経つのが長く感じる。

館内系警備

メリット

・汗を流す事が少ないので、体調面では割と楽。
・勤務時間のわりに疲労度・消耗度が少ない。

デメリット

・給料面で低い仕事もある。常駐警備などのような入出者の対応、見回りの警備仕事。
・挙動不審者などの対応に慣れていないので、素早い判断が求められる。
要はたまぁ~に、「ドキッ!」とする事もあるようです。
・上記に関係しますが、丸腰の一般市民にすぎないので、緊急有事には不安がある。
ただし、これは勤務する場所によるようです。

ちょっと一言

この仕事は、給料が安いものもあるし、現場によっては人間関係も環境も全く違うし、
過酷な環境の下での仕事だったり、急な休みに対応できないなどの事はあるんですが
会社勤めの人のような、狭い空間で嫌な人とずっと一緒じゃない事が多く
人間関係に疲れたりする事は少ないようです。

マンション管理人

メリット

・特別な資格や経験は問われない。
・デスクワークや点検業務が多いので、体力に自信がない人で続けやすい。
・残業が少なく、プライベートとのバランスを取りやすい。
・居住者や来訪者の人と接する事位なので、1人で作業する事が多いので、マイペースで働ける。

デメリット

・クレーム対応があったり、負担を感じる事も。
例えば、マンション管理人の権限では対応できないクレームや、住民同士のトラブルの
仲裁に入らなければならないケースもあるんで、場合によっては居住者との相性で
精神的な負担を感じてしまう事もあります。
・不審者や災害時にはスムーズに対応する必要があるので、プレッシャーに感じる人もいます。
・正社員での採用が少なく、不安に感じる事も。

ちょっと一言

人生経験があり、様々な事に対応でき、若い管理人だと不安に感じる居住者もいると言った事から、
高齢者が優遇されやすい傾向にあるようですよ。

まとめ

50代の就職先は、この3つの業種なら早く仕事ができると、まとめてみましたが、
この3つの仕事を軽く見るとか、下に見ているわけではありません。
求人募集が多く、人手不足な仕事なので、まとめてみました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です