12月22日 今日は何の日 「改正民放公布記念日」「労働組合法制定記念日」

12月22日は何の日か調べてみました
☆改正民法公布記念日
☆労働組合法制定記念日
そして、今日がお誕生日の貴方へ
お誕生日
おめでとうございます!
これからの1年が

良い1年になりますように!

スポンサードリンク

2017年12月22日は?

今年は金曜日です。

改正民法公布記念日

1947(昭和22)年、「民法」の第4編と第5編を全面改正する改正法が公布された。
家父長制の家族制度が廃止され、戸籍が夫婦単位となった

家父長制って何?

家族と家族員に対する統率権が男性たる家父長に集中している家族の形態の事。

「家族の長が男だ」みたいな、家族という単位を「支配の最小単位」とするような
男性主権の社会構造。

今の時代では、中々分かりにくい感じですが、男性が絶対的な権利があり
妻(女性)より上位にありました。

絶対的な家父長の権威

そして、子供は 完全な人格として認められてなくて、子供がいくら働いたとしても、
成人になっていたとしても、家の家父長になるか、または、家を離れて分家しない限り、
自分の財布は持てない。

家の経済の長

つまり共同で働いて、収入は、すべて家父長一人が握ります。

接待的な家父長(父)が、お金も握っています。

だけど、子供達は家父長に対して、 完全な「孝(親を大切にすること。孝行すること)」を
強要されていました。

家自体が、秩序のある小さい社会になっていました。

子供の順位。位置関係

子供は、この当時、家父長的家制度の中では、長男は家風などを含めて家の財産の相続者として
家の存続に欠かせない存在でしたので、長男の地位は子供の中でも、相対的に高かったんです、

それに対して、男であっても次男、三男は、家の存続にあまり必要のない人間でした。

だから、次男、三男を分家として独立させられるが、お金が無い普通の家の場合は、
次男、三男は家で、ただの「使用人」になるケースが多かったようです。

女性の地位

他に、家の存続に必要とされない娘は、婚礼の時化粧品などの支度でお金を使うことから、
家の財産維持の立場からは一番望ましくない存在でした。

次男、三男を分家する時は、家の財産のちょっとした分与はあるんですが、分家は冠婚葬祭時本家の
支えにもなることから、分家時の「家の財産の分与」 は家にとって「必要な損」という
考えがありました。

ただし、娘の結婚時の財産分与は他家へのただの財産の投げ出しと考えられ、娘が多く生まれる事は、
あまり好まれなかったそうです。

つまり、 家の存続に必要ないばかりか、結婚時に家産の損を与える娘はその地位は、次男、三男よりも
最も低く、差別される存在でした。

戸籍が夫婦単位

戸籍は原則として「夫婦とその子」。
以前のような親子3代の戸籍は認められていません。
以前は、家単位でした。

そして、子が婚姻した場合は、親の戸籍から出て配偶者との新しい戸籍となります。

労働組合法制定記念日

1945(昭和20)年、「労働組合法」が公布された。
「労働組合法」は、労働者の団結権・団体交渉権・団体行動権等の保障について定めた法律で、
「労働基準法」「労働関係調整法」とともに「労働3法」と呼ばれてます。

労働組合は無いけど・・・

労働組合がある会社は、約3%程らしいです。

それじゃ、労働組合がない会社の人はどうすればいいのか?

ユニオンまたは合同労組に入る

個人単位で加盟できる労働組合のことを ユニオンまたは合同労組と、
いう組織があります。

ユニオン・合同労組は、一般的な企業別の労働組合と違い、複数の企業や
異業種の企業の労働者が、その構成メンバーとなっています。

ユニオン・合同労組の特徴をあげると、3つ特徴があります。

・ 一人でも加入できる労働組合。
・ 正社員のみならず、契約社員・パートタイマー・派遣労働者、さらには管理職
にいたるまで加入対象。
・ 労働者個人と会社との間に生じた労働トラブル(解雇・サービス残業・長時間
労働など)に関する相談・支援を組合活動の重点としていること

各地にありますよ

ネットで検索すると、出てきますから、調べてみて下さい。
例えば
JAPAN UNION  http://www.jca.apc.org/j-union/
他に各地域での、ユニオンなどがありますよ。

その他の出来事

1850年(嘉永3年)国定忠治が磔の刑に。

1854年(安政元年(嘉永7年))「日露和親条約」締結。日本とロシアの国境が択捉島と得撫(ウルップ)島の間に確定し樺太が雑居地に。

1894年(明治27年)川越鉄道・国分寺~久米川(現在の東村山)(現在の西武国分寺線)が営業開始。

1917年(大正6年)明治乳業設立。

1937年(昭和12年)世界初カラー長編アニメーション映画『白雪姫』公開。

1941年(昭和16年)第二次大戦で、日本とタイが軍事同盟調印。

1946年(昭和21年)紀伊水道沖を震源とするM8.0の地震(昭和南海地震)。津波などで死者1432人。

1962年(昭和37年)通産省が、プロパンガスに匂いをつけるなどの事故防止策を決定。

1963年(昭和38年)「教科書無償措置法」公布。

1968年(昭和43年)初の世界初の有人月周回宇宙船「アポロ8号」打上げ。翌年の月面着陸の着陸地点の調査などを行う。

1971年(昭和46年)首都高速3号渋谷線・渋谷~用賀が開通し全線開通。首都高速と東名高速が接続。

1972年(昭和47年)「東西ドイツ基本条約」調印。東西ドイツの関係正常化へ。

1973年(昭和48年)小笠原諸島・西之島のすぐ横での海底火山活動により出現した新島を「西之島新島」と命名。

1974年(昭和49年)フランスの映画『エマニエル夫人』が日本で封切り。

1979年(昭和54年)国鉄宮崎実験線でリニアモーターカーが517km/hの世界記録達成。

1991年(平成3年)アルマアタ宣言。アルマアタで旧ソ連11共和国の首脳による会議が開かれ、ソ連邦の消滅を決議。ソビエト連邦69年の歴史に幕。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です