11月3日 2017  何の日 『レコードの日』そしてイベントあり

11月3日はレコードの日

レコードプレス工場がある東洋化成の
呼びかけにより、アナログレコードの
普及を目的とした日
今年で3回目

スポンサードリンク

2017年も11月3日

この日の為のクイズがあります。

『レコードの日参加アーティスト、
虫食いクイズです。』

詳しくはこちら→レコードの日

このクイズのヒントはネットで
検索しましょう。

レコードって、何

私のようなオヤジは、昔懐かしいモノ
今の若者には新鮮?なモノでしょう。

ここ数年レコードの復活の兆しを
感じますね。

 

レコードには、「LP」「EP」「SP」
3種類ありました。

大きさ
LP=30cm
EP=17cm
SP=17cm

回転数
LP=33と1/3
EP=45
SP=45

他に78回転のモノもありました。

通称アルバムと言えば「LP」
シングル盤と言えば「SP」

昔はジュークボックスと言う機械が
あり、飲み屋さんなどに置いて
あって、お金を入れると中の
レコードが再生されました。

その機械用にレコードの真ん中に
大き目な丸い穴が開いてます。
このレコードを「EP」と呼びました。

通称「ドーナッツ盤」。

その他、豆知識

ここでクイズです!

「レコードとCD音がいいのはどっち?」

・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
10秒経ちました。
さぁ!
答えは

「レコードでぇ~す!!」

実はレコードの方が再生できる音の
高さがモノにもよりますが、
CDの約5倍位まります。

CDの再生できる音の範囲は
約20,000Hz
LPの再生できる音の歯には
約100,000Hz

ただ、人間の耳にはCDの
20,000Hz も聞こえません。

この音域になると超音波です。

コウモリさんには聞こえてるかな?

だったら、100,000Hz までの音なんか
いらないと思いますよね。

しかし、音としては聞こえないんですが
空気感など、雰囲気は感じる事が
出来ます。

CDでは難しいところです。

※現在は「ハイレゾ」と言って
不足している音を追加しながら聞く方式
なども発売されてます。
価格が高いのが少し残念ですが。

 

 

それと、CDには音の全てが記録されて
はいないんですよ。

音(アナログ)をデジタル処理して
いる為に、簡単に言えば、元々の
音の部分部分を抜いてあります
(誤解を招く言い方ですみません)。

ただ、このようにしても人間の耳では
分かりません。

ちなみに、スマホなどで音楽再生して
聞いている人も多いですが、MP3と
言う方式です。

これなどは、CDよりもっと音を
抜いています。

でも、聞いててわかります?
分からないか、わかりにくいでしょ?

でも、CDにはレコードがかなわない点が
あります。

それは「ノイズ」です。

レコードはレコード盤の上を針が
擦られています。

ゴミなどのノイズが出ます。
レコード盤のしなりでもノイズが
出ます。

この点はCDには絶対にかないません。

レコードを聴くには

一番簡単な方法は

「USB出力対応のレコードプレイヤー」

を購入する。

次は
レコードプレイヤー

 

アンプ

 

スピーカー

 

を揃える。

出来れば真空管のアンプで聞く事が
できるといいですが。

 

何がいいかと言えば、音が
柔らかいんですよ。

ここまで揃えようとするとお金も
掛かりますから、まずはUSB出力の
レコードプレイヤーからでも
アナログレコード盤を楽しんでみて
はいかかですか?

11月2日←   →11月4日

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です