2月11日今日は何の日「建国記念の日」「文化勲章制定記念日」「万歳三唱の日」「干支供養の日」

2月11日は何の日か調べてみました。
☆建国記念の日
☆文化勲章制定記念日
☆万歳三唱の日
☆干支供養の日
☆仁丹の日
そして、今日がお誕生日の貴方へ
お誕生日
おめでとうございます!
これからの1年が

良い1年になりますように!

スポンサードリンク
出来事など、基本的に新暦を元に記述していますし、内容については個人的選択のもとで順不同で記載しています。

建国記念の日(National Foundation Day)

建国をしのび、国を愛する心を養う国民の祝日。
1966(昭和41)年から国民の祝日になった。
この日はかつて「紀元節」という祝日だったが、戦後になってこの祝日は廃止された。
1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、1966(昭和41)年に、日附は政令で定めるものとして国民の祝日に追加された。
建国記念の日の日附については内閣の建国記念日審議会でも揉めたが、10人の委員のうち7人の賛成により、2月11日にするとの答申が1966(昭和41)年12月8日に提出され、翌日政令が公布された。
「建国記念日」ではなく「記念の日」なのは、建国された日とは関係なく、単に建国されたということを記念する日であるという考えによるものである。

文化勲章制定記念日

1937(昭和11)年、文化勲章令が定められ、文化の発展に優れた業績をあげた各界の人に文化勲章が贈られることになった。

万歳三唱の日

1889(明治22)年のこの日、帝国憲法発布の記念式典で、初めて万歳三唱が行われた。
バンザイと発音するようになったのは大日本帝国憲法発布の日、1889年(明治22年)2月11日に青山練兵場での臨時観兵式に向かう明治天皇の馬車に向かって万歳三唱したのが最初だという事です。
東京帝国大学の学生一同で皇居前に並び明治天皇を奉送迎しようという話になったが、最敬礼では物足りないので何か歓呼の声を挙げようという話が教師の間で持ち上がり、
そこで、フランス語の「ヴィヴ・ラ・フランス」や英語の「セーヴ・ザ・キング」のような唱和の言葉を考えることになり、和田垣謙三教授の提議した「万歳、万歳、万々歳」の唱和が決められた。だが、当日最初の「万歳」が高らかにあがると馬車の馬が驚いて立ち止まってしまったので、二声目の「万歳」は小声となり、三声目の「万々歳」は言えずじまいに終わったのですが、これを聴いた人々は「万歳」を再唱したと思ったようで、これ依頼、めでたい時の歓呼の声として「バンザイ」が唱えられるようになり、また「万々歳」は言わなくなりました。

干支供養の日

干支置物等を製作している陶磁器メーカー・中外陶園が制定。
立春の直後で、十と一を組み合わせると「土」になることから。
一年間大切に飾られ厄を払ってくれた干支置物に感謝し、元の土に還す日。

中外陶園→www.chugaitoen.co.jp/

仁丹の日

携帯用口中清涼剤「仁丹」を製造販売している森下仁丹が制定。
1893(明治26)年の同社の創業日と、1905(明治38)年の「仁丹」の発売日から。

森下仁丹→https://www.jintan.co.jp/

その他出来事

1921年(大正10年)

グリコキャラメル発売。

1928年(昭和3年)

第2回冬季オリンピック・サンモリッツ(スイスのグラウビュンデン州)大会が開幕。日本が冬季五輪初参加。

1992年(平成4年)

宇宙開発事業団が資源探査衛星「ふよう1号」を打上げ。
全陸域のデータを取得し、資源探査を主目的に、国土調査、農林漁業、環境保全、防災、沿岸監視等の観測を行うことを目的とし、日本初の合成開口レーダー搭載衛星。
地表だけでなく地中の岩盤なども探査可能な為、宇宙考古学の先駆けとしてのピラミッド基礎探査に利用され、日本の調査隊による古代エジプト遺跡の発見に貢献した。
その後、ふよう1号のミッション期間は計画では2年間でしたが、約6年半にわたり観測データを取得、1998年10月12日にその運用を終了。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です