1月29日 今日は何の日 「タウン情報の日」「昭和基地開設記念日」「人口調査記念日」

1月29日は何の日か調べてみました。
☆タウン情報の日
☆昭和基地開設記念日
☆人口調査記念日
そして、今日がお誕生日の貴方へ
お誕生日
おめでとうございます!
これからの1年が

良い1年になりますように!

スポンサードリンク

2018年1月29日は?

今年は月曜日です。

出来事など、基本的に新暦を元に記述していますし、内容については個人的選択のもとで順不同で記載しています。

タウン情報の日

タウン情報全国ネットワークが制定。
1973(昭和48)年、日本初の地域情報誌『ながの情報』が発行された。

まったく日刊WEBタウン情報→https://www.tj-net.co.jp/

昭和基地開設記念日

1957(昭和32)年、日本の南極観測隊が南極・オングル島への上陸に成功し、昭和基地を開設した。
この年から翌年にかけては「国際地球観測年」で、南極大陸には日本を始め12か国による観測網が敷かれた。

出典:Wikipedia

国立極地研究所 南極観測のホームページ→http://www.nipr.ac.jp/jare/
昭和基地NOW→http://www.nipr.ac.jp/jare/now/

 

日本との位置関係


出典:気象庁

場所の関係で時差は、-6時間。

何のための基地なのか?

天体・気象・地球科学・生物学の観測を行う施設。
施設は大小60以上の棟から成り、3階建ての管理棟のほか、居住棟、発電棟、汚水処理棟、環境科学棟、観測棟、情報処理棟、衛星受信棟、焼却炉棟、電離層棟、地学棟、ラジオゾンデを打ち上げる放球棟があり、このほか、大型受信アンテナ、燃料タンク、ヘリポート、貯水用の荒金ダム、太陽電池施設、風力発電施設などがある。
そして、51次隊から建設が始まった自然エネルギーを研究する為の棟は54次観測隊で完成した。
1000キロ離れた南極大陸内にドームふじ基地がある。

何人いるのか?

南極地域観測隊員は約60名で、そのうち約40名が越冬し、他に医師2名が派遣されてます。

人口調査記念日

1872(明治5)年、日本初の全国戸籍調査が行われた。
当時の人口は男1679万6158人、女1631万4667人で合計3311万825人だった。

今は何人か?

総人口=1億2675万5千人 平成29年8月1日現在(確定値)

その他出来事

1980年(昭和55年)

日本に寄贈された3頭目のパンダ・ホアンホアン(歓歓)が上野動物園に到着。

上野動物園のジャイアントパンダ情報サイトから見る事ができますよ。
http://www.ueno-panda.jp/history/hoanhoan.html

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です