1月27日 今日は何の日 「国旗制定記念日」「ハワイ移民出発の日」etc

1月27日は何の日か調べてみました。
☆国旗制定記念日
☆ハワイ移民出発の日
☆ホロコースト犠牲者を想起する国際デー(International Holocaust Remembrance Day)
そして、今日がお誕生日の貴方へ
お誕生日
おめでとうございます!
これからの1年が

良い1年になりますように!

スポンサードリンク

2018年1月27日は?

今年は土曜日です。

出来事など、基本的に新暦を元に記述していますし、内容については個人的選択のもとで順不同で記載しています。

国旗制定記念日

1870(明治3)年、太政官布告第57号の「商船規則」で、国旗のデザインや規格が定められた。
それまでは、船によってまちまちのデザインの旗を使っていた。
当時の規格は、縦横の比率は7:10で、日の丸が旗の中心から旗ざお側に横の長さの100分の1ずれた位置とされていたが、
現在は、1999年8月13日に公布・施行された「国旗国歌法」により、縦横の比率は2:3、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、日の丸は旗の中心の位置となっている。
これを記念して国旗協会が制定。

ハワイ移民出発の日

1885年(明治18年)のこの日、移民条約によるハワイへの移民第一号の船が横浜港を出航。

なぜハワイなのか?

ハワイ王国内の労働力を確保する為なんですよ。
そんな中で、日本も対象の一つの国とされた為です。

これは、1830年代より国外の労働力を輸入する方策が模索されて、1852年(嘉永5年)に、3年間という契約で、中国より最初の契約労働者がハワイへ来島しました。
それ以降も中国より多数の労働移民がやってきたのですが、中国人らは定着率が悪く、契約終了後、独自に別の商売を始めたりして、中国人に対する風当たりが
強くなったので、ハワイ政府は中国人移民の数を制限し、他の国から労働力を輸入するようになりました。

そこで、日本もその対象の一国として交渉が持たれた。1898年(明治31年)に、ハワイがアメリカに併合されると、アメリカの中国人排斥法が適用され、
中国人の移住が事実上不可能になりました。

ホロコースト犠牲者を想起する国際デー(International Holocaust Remembrance Day)

2005年の第60回国連総会にて採択。国際デーの1つ。
1945年のこの日、ソ連軍によってアウシュビッツ強制収容所が解放された。

ホロコースト(holocaust)とは

第二次世界大戦中にナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺の事です。

そして、言葉の意味は、ユダヤ教の宗教用語にあたる「燔祭(はんさん)」(獣を丸焼きにして神前に供える犠牲)を意味するギリシア語との事です。
恐い言葉ですね。

その他出来事

1926年(昭和元年(大正15年))

スコットランドの発明家のジョン・ベアードが初めてテレビジョンによる視覚電信を実演。

1967年(昭和42年)

・アポロ1号」の訓練中に火災が起こり宇宙飛行士3人が死亡。

・米英ソなど60か国以上が「宇宙条約」に署名。

宇宙条約とは

月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約(つきそのたのてんたいをふくむうちゅうくうかんのたんさおよびりようにおけるこっかかつどうをりっするげんそくにかんするじょうやく)は、国際的な宇宙法の基礎となった条約。

宇宙空間における探査利用の自由領有の禁止宇宙平和利用の原則国家への責任集中原則などが定められている。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です