1月7日 今日は何の日 「七種,七種粥 」「人日,七日正月 」「爪切りの日 」「千円札の日」

1月7日は何の日か調べてみました
☆七種,七種粥
☆人日,七日正月
☆爪切りの日
☆千円札の日
そして、今日がお誕生日の貴方へ
お誕生日
おめでとうございます!
これからの1年が

良い1年になりますように!

スポンサードリンク

2018年1月7日は?

今年は日曜日です。

七種,七種粥

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして。
七種は、前日の夜、俎((ソ)、まないた)に乗せ、囃し(はやし)歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。
呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う。

・芹(セリ)
・薺(なずな(別名・ぺんぺん草))
・御形(ごぎょう)、母子草(ははこぐさ)
・繁縷(はこべら)、(はこべ)
・仏の座(ほとけのざ)、田平子(シソ科のホトケノザとは別のもの)
・菘(すずな)、蕪(かぶ)
・蘿蔔(すずしろ)、大根(だいこん)

人日,七日正月

五節句のひとつ。
昔中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、
それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われない事としました。

また、7種類の野菜を入れた羹(あつもの:魚・鳥の肉や野菜を入れた熱い吸い物)を食べる習慣があり、
これが日本に伝わって七草粥となったとの事です。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。

 

爪切りの日

新年になって初めて爪を切る日。
七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

千円札の日

1950年(昭和25年)、1946年(昭和21年)の新円切替後初の千円紙幣が発行されました。肖像画は聖徳太子。
初の千円札は1945年(昭和20年)8月に流通開始した日本武尊(やまとたけるのみこと)の肖像のものでしたが、
新円切替により1946年に失効していた。聖徳太子の千円札は、1965年(昭和40年)に伊藤博文の千円札が発行されるまで15年に渡り使用されました。

出典:Wikipedia

その他出来事

「イオ」「エウロパ」「ガニメデ」「カリスト」発見

1610年(慶長15年)ガリレオ・ガリレイが木星の衛星「イオ」「エウロパ」「ガニメデ」「カリスト」を発見。

トヨペット・クラウン発表

1955年(昭和30年)豊田自動車がトヨペット・クラウンを発表。

赤胴鈴之助

1957年(昭和32年)ラジオ東京で連続放送劇『赤胴鈴之助』の放送開始。

「平成」誕生

1989年(平成元年(昭和64年))昭和天皇が崩御。皇太子明仁親王が即位し新元号を「平成」と決定。

まぐまぐ

1997年(平成9年)メールマガジン発行システム「まぐまぐ」が運用開始。

PHS終了

2008年(平成20年)NTTドコモがPHSサービス終了。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です